キーワードストライクを何度もレビューしてみようと思った理由


キーワードストライクレビュー

もし、あなたがこの、「キーワードストライク」を手にしたらどう変わるのか?を考えてみました。

 

するとそれは、サイトやブログ作成に必須の、「売れるキーワード」をどう探すのか?という難しいテーマの答えになるとわかりました。

 

なぜなら、キーワードストライクはまさに、「売れるキーワード」を探すノウハウが詰まった教科書だからです。そのきになるノウハウについて迫ってみたいと思います。

 

キーワードを設定する時に絶対に外してはいけない視点

 

最初にお伝えしておかなければいけない事は、

今のあなたは、「手っとり早く稼ごう」としているのでしょうか?

 

もし、そうだとしたら、この、「キーワードストライク」は

あなたの意に反した教材と言えるので購入されない方が、

無駄なお金を使わなくて済みます。

 

いや、教材というよりもまずキーワードに対する概念について、

改めていかなければいけないでしょう。

 

とういのも、そもそも論として、

誰でも、どんなアフィリエイト素人でも、

いきなりガンガン売れるキーワードでブログやサイトを作れるわけではありません。

 

ありません、と言い切るのも良くないかな?^^;

良くないと思われます。

 

もしかしたら、「いやいや、俺は(私は)すぐ見つけられますけど?」

と思う方もいるかもしれませんので。

 

ただそういう方はむしろ、「キーワードストライク」は不要だし、

キーワードについて悩んでいないでしょうからそのような議論も不毛でしょうか。。

 

話を、「いきなりキーワードで作れない」と言う事に戻しますが、

その理由は単純です。

 

「分からない」からです。

 

あなたが何事も見抜ける人間心理の知識をお持ちであれば違うのかもしれません

 

その「分からない」からと言うのは、

ある商品を購入したいと思う人がどんなキーワードを打ち込んで、

その商品まで辿り着くのか?分からないからです。

 

 ですので、キーワードを見つける作業をする必要があると言う事です。

いきなりキーワードを考えようとしても購入見込み者が検索するその通りにはなりません。

王道的な、「○+口コミ」とかは別ですが。

 

誰でも思い付くようなキーワードではなく、

「売れるキーワード」は商品を一つとっても多岐に渡ります。

それは人それぞれだからです。

 

悩みは似たり寄ったりになりますが、

その悩みに対してその人が、「どんなキーワードを打ち込むのか?」は、

その人にしか分かりません。

 

だから、私達アフィリエイターは、その打ち込んだ後のキーワードを追うのです。

 

キーワードストライクで売れるキーワードを探す方法とは?

 

そのキーワードを追う作業はいくつかあります。

冒頭で、「手っとり早く稼ごう」と言う方には不向きと言いましたが、

そうではなくしっかりとした作業をする中にも、

 

お手軽系・ガッツリ系と区別出来る作業があります。

 

最初にブログやサイトを作りたい時に、

一番何も悩まずにキーワードを探す方法としては、

とにかく多くのブログやサイトを作り、とにかく記事を書いていく事です。

 

これは多ければ多いほど、「早くかつ多く」あなたにしか分からないキーワードを探す事が出来ます。

「結局大量生産かよ…」とお思いの方。

 

はい、この道が最も単純でお手軽に、「購入に結び付くキーワードを探す方法」です。

それすら面倒だと思うのであればアフィリエイトは諦めて下さい。

 

ブログやサイトの体裁は考えずにただ該当商品に関する記事を

書き続けていけば良いのです。 ここでは文字数とか関係ありません。

 

もちろん、数行程度ではお話になりませんが、

ある程度読み物として記事になっていれば良しです。

(そうはいっても基準が欲しい人もいると思うので適当でいいので500文字とでもしましょう)

重要なのは、「キーワード」を探すためなので。

 

よって、記事内に入れるキーワードは商品に関連する内容で無ければいけません。 

 

そこで実際に記事を書こうと思っても、今度は、

「いや、その記事を書く時のキーワードでさえ分からないんです」と考えますよね? 

 

そこで登場するのが、今回の、「キーワードストライク」なのです。

まず最初の一歩目を書く時のキーワードの扱い方として、

この教材のノウハウを使って始めていきます。

 

そうすることで、次に出てくるのが、「キーワードに隠れた欲求」です。

その欲求に紐付いたキーワードが出てくればこっちのものです。

あとはそのキーワードを駆使して整合性の取れた記事内容をガッツリと書く事で、

商品が売れるようになるわけです。

 

良いでしょうか?

キーワードは考えるのでは無く探すのです。

その探し方の具体的なノウハウが、「キーワードストライク」です。

キーワードストライクを購入するならこちら

 

まず、この認識だけ変える事が出来れば、

あなたは、「キーワード」について悩む事も無くなります^^

 

おしまい。

 

追伸

今受講しているサイトアフィリエイト塾でも、

最初の、「キーワードの扱い方」については教わりましたが、

思い付かなければ既存のキーワードを利用すれば良いだけです。

 

この辺は、書き始めると長くなるのでまた別の機会に。

知っている人は知っている事なのでそんなに裏技的な事でも無いですが。

ちなみに、キーワードストライクでもその内容は書かれています。

キーワードに隠れた欲求を探すならキーワードストライク

 

追伸2

今回の記事に書いた概念というか理由があるからこそ、

私はキーワードストライクのレビュー記事を何度も書いていきます。

こうすることでその内、この教材に関するキーワードが集まってきます。

 

まさにこの教材のノウハウ通りに「探す作業」をしている事になります。

参考までに。


ライティングを学べるメールマガジン

mailtouroku

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ