文章が苦手・上手くなりたいのであれば文章を書くな!のススメ


いろはにほへと

ブログやサイトに記事を書いている時に、

 

  • 上手く書けない
  • 記事へのアクセスはあるけれど何も反応がない
  • 反応がないから本当に伝わっているのかどうか分からない

 

と悩んでいるひとは多いです。

 

しかし、そんな時に間違っても、「正しい日本語の使い方」みたいな本を読んではダメです。

 

と言うよりも、そのように悩んでいる時は文章を書くことなんて辞めて良いです。

 

では、文章が書けない・苦手・上手くなりたいと悩んでいる時は何をしたらよいのか?

 

その前に。2秒で終わるのでクリックお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキングへ

 

 

書くなという事の意味

なぜ文章への反応がないのか?を考える

あなたが記事を書いているということは、何かしらの反応をもらいたいからだと思います。

それが、

  • 買って欲しいのか
  • 登録して欲しいのか
  • いいねを押してほしいのか

どれが目的なのかはわかりません。

 

しかし、共通して言えることは、書いた記事を通して好きになって欲しいということではないでしょうか。

 

人が上記のような反応を起こしてくれるということは、必ず書き手なり記事なりに好意を持ってくれるからです。

 

反応がないということは、書いている記事に対しては何も感じないということです。

 

文章を書くなという事の本題

では、本題です。

 

再度言いますが、もしあなたが今、上手く文章を書けないと悩んでいるとしたら、文章をこれ以上書いてはいけません。

 

書く前に必要な事は、いつもこの話をしますが、「リサーチ」です。

 

リサーチと言っても、ターゲットのリサーチではありません。ここでは、あなたが良いと思う文章のリサーチをしてください。

 

ネット上のあらゆるジャンルの記事を読む

だからと言って、自分が書きたい内容・ジャンルの記事ばかりを読んではいけません。

 

それも大事ですが、もっと必要なのは、

  • ボキャブラリー
  • 感性
  • 表現

これら要素からくる差別化です。

 

あなたが書きたい内容と同じような記事を読んでいては、あなたが書く文章も同類なものになり得ます。

ですので、大切なことは、異ジャンルに目を向けて見てください。

 

例えば、コピーライティングの記事を書きたいという時に、ライバルの記事だけではなく雑多な内容の記事を読んでいきます。

 

記事を探す先は

  • はてなブックマーク
  • アメブロ
  • 2ちゃんまとめ

などです。

 

そこで、コピーライティングにとらわれずに自分が気になる記事を片っ端から読んでいきます。

肝心なのは、身につけるべきはコピーライティングのノウハウではなく文章表現です。

 

上手い下手ということではありません。だから、あなたが、

  • これ読みやすい
  • ちょっと好きかも
  • 何この言い方?嫌いだな

ということを感じながら読みましょう。

 

リサーチはネット上にあらず

また、ネット上だけ見ていたのでは本当に良質な記事は出来ません。むしろ、あなたが書きたいと思っている記事は、オフラインにあると思って下さい。

 

  • 雑誌
  • マンガ
  • 書籍
  • 街の中の張り紙(お店とかの)、etc…

特に中でも、雑誌とマンガはオススメです。

 

雑誌は、その雑誌の特集によりターゲットが明確になっているし、いろんな記事が混ざっている(一つの雑誌に複数記事がある)ので幅広い内容の記事が読めます。

マンガは、ストーリーもきちんと作り込んであるし、表現方法もとても参考になります。なので私は、コピーと言うよりかは、表現方法に注目します。

 

このように、これらを読むにしてもターゲットに沿った物を選べば、そのターゲットが好んで読んでいる・好きな表現があるということなので、それもわかるようになります。

 

30代女性なら30代女性が読むような雑誌・マンガを。

40代男性会社員なら彼らが読むような雑誌・マンガを。

 

文章が書けない時の対処法のまとめ

私の伝いたいこと分かって頂けたでしょうか?

 

固い文章だけにしか触れなければ、自分が書くのも固い文章にしかなりません。

逆にマンガしか読まなければそのマンガに似たような表現にしかならないです。

 

 

あなたが毎日どんな記事に触れているか?

いろんな文章表現に触れることで、自分らしい記事に育っていきます。

 

あと、子供の頃にどれだけ文章に触れてきたか?によっても、少なくとも現状の表現は違っているでしょう。

 

子供の頃、よく、「本を読め」と言われた人が多いと思いますが、やっぱり読むって大事なんです。

なりたい職業がコピーライターではなくても、文章を扱う仕事なら全てに共通することです。これを言ってしまうと、ほぼ全ての仕事に当てはまると思いますが^^

 

文章を書く練習以上に大切なことなので、どんどん気になる記事を読み漁ってみてください。

 

ちなみに、私は固い文章が好きなのはいつもの記事でお分かりだと思いますw

マンガもよく読みますが性格上こうなってしまうのが課題なんですぜぇ〜

(↑と強がってみる)

 

おしまい。

 

 


ライティングを学べるメールマガジン

mailtouroku

2 Responses to “文章が苦手・上手くなりたいのであれば文章を書くな!のススメ”

  1. tonton より:

    おはようございます。
    ブログランキングから訪問しています。
    私も文章が苦手で色々な方のブログを拝見しています。
    勉強になる事が多いです。INPUTする事の大切さを感じます。
    でもネットばかりなので・・雑誌も読んだ方が良いですね^^;

    • kikku-rock より:

      tontonさん

      訪問&コメントありがとうございます。
      いろんな方のブログを見ることも大切です。

      できればジャンルにとらわれないいろんな方達が良いと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ