ライティング術:リサーチする時に着目するべきキーワードは?


try

あなたがオススメしたい商品や、あなたのサービスに対してのターゲットに響くコピーを書く際のリサーチ方法の続きです。

前回までリサーチ方法についてお話ししています。

 

また、その中ではリサーチ時に気になるキーワードをピックアップしてくださいとお話ししました。

 

では、そのキーワードってどんなものをピックアップすればいいの?と疑問に感じると思います。

 

そこで今回は、着目するべきキーワードについてお話ししていきます。

 

その前に。2秒で終わるのでクリックお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキングへ

 

 

ターゲットに響くコピーとは?

あらゆる場面を想定する

何かの商品をオススメするということは、ターゲットの悩みを探っていることと思います。

 

ですので、コピーを書く為のリサーチもその悩みに一番着目さしてのリサーチが基本です。

 

例えば、今会社勤めをしているけどコピーライターになりたいというターゲットがいるとします。

そこでターゲットを調べるためにリサーチ。

 

その時によくあるキーワードとしては、

  • 会社に不満
  • 通勤が憂鬱
  • 上司が嫌い
  • 給料が少ない
  • 残業代がでない

など挙げられます。

 

この辺は誰でも見つけられるキーワードです。大概、どのサイトブログ見てもこのキーワードを含んだ文章が書いてあります。

 

しかし、さらに響くコピーを書くのであれば、他者と差別化した内容にしたいのであれば、もっと生活に即したコピーを見つけていくことが大切です。

 

ターゲットの仕事を深掘りする

会社・仕事に不満という内容にしても、

どう不満なのか?なぜ不満に思うのか?

 

そう感じるようになったシチュエーションがあるはずです。

 

営業マンなら、

  • 営業で苦手な作り笑いをしなければいけない
  • お客さんからのクレームで振り回される
  • 助け舟を出しても上司は助けてくれない、投げやり

というところからのキーワードをピックアップしていきます。

 

苦手、作り笑い、愛想笑い、クレーム、振り回される、助けてくれない、投げやりなどですね。

 

生活を深掘りする

あとは、その会社員の生活をも見ていきます。

残業が遅くなれば、夜中の帰宅になるでしょう。そうした時に着目できる点は、

  • ご飯が一人(家族持ちの場合)
  • 子供に会えなくて寂しい
  • 次の朝も早くて寝る時間が少ない
  • 疲れが取れない

など考えられます。

 

あとは、そう考えると休みの日のこともリサーチできますね。

 

  • 疲れて何もやる気が起きない
  • 何もできなくて家族に申し訳ない
  • 出かけても疲れてうたた寝ばかりで怒られる
  • 自分を変えようと週末に何かチャレンジするも続かない
  • ペットの●●に癒される
  • ●●の本が好き
  • テレビゲームに夢中になる(具体的なゲーム名ならGOOD!)

 

などです。

 

他にも、食べ物や趣味のことなどもリサーチできます。

 

まとめ:悩みといっても一つではない

このように、単に会社・仕事が嫌だといっても、そこから派生して考えられることはたくさんあります。

その背景を見ることです。そうなってしまったことの原因、不満です。

 

また、別に不満だけでなくても良いです。そのターゲットの好きな言葉、生活感のあるキーワードであれば反応してくれます。

 

なので、リサーチではどれだけ生活感のあるコピーを見つけられるか?がキモになります。

 

コピーは共感されることが重要と言われますが、悩みもそうですが生活感・日常そのものの方が共感部分は多いです。

楽しいと思えること、辛いこと、嫌だなと思うこと、疑問に思うこと。あるいは、物だけではなく人、動物など、そう考えるとターゲットの生活の全てに共感ポイントがあります。

 

表面上だけではなく奥深い悩み、考え方、感じ方を掴めれば、間違いなく反応してくれるステキなコピーを書けるようになります。

 

リサーチはどれだけ場数を踏んだか?精度があがるので、たくさんもがいて多くの視点を考えてみてください。

 

おしまい

 


ライティングを学べるメールマガジン

mailtouroku

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ