売れない…そんな時にシンプルにできる売れる文章への変換方法


頭を抱える男性

  • ブログを書いているけれど売れない…
  • メールを送っているけれど売れない…
  • あらゆる文章を書いているのに売れてくれない…

とお悩みの方に、今日はぜひ読んでほしい記事です。

 

その売れない文章をシンプルな方法で、ガラリと売れる文章へと変換してくれる方法をまとめてみます。

 

現役のコピーライターである私が今もランディングページ、セールスレター、ブログ記事、アフィリエイト記事、とにかくネットで文章を書く時に一番多用している方法です。

 

というか、これだけで十分なのでこの方法しかやっていません。誰でもできるのでぜひ最後までお読みください。

 

その前に。2秒で終わるのでクリックお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキングへ

 

 

売れない文章を売れる文章に変えるシンプルな方法

いきなり正解発表。それは疑問形。

売れない文章を変える方法、答えを言ってしまいますがそれは、

常に疑問を投げかけること

です。

 

あなたはこんなことを聞いたことはありませんか?

5W1H

5W1Hとは、「いつ(When)、どこで(Where)、だれが(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)」という6つの要素をまとめた、情報伝達のポイントのことを言います。

 

ほとんどの人がこの言葉を聞いたことがあると思います。どんな職業の人でも使うであろう、相手に分かりやすく伝達する時の考え方です。

 

コピーを書く時には、特にこの中の、「なぜ(Why)」が重要だと私は考えています。理由は単純で、なぜを突き詰めるとターゲットが心の底から望むものが見えてくるからです(ターゲット自身も気付いていないであろうことも)。

 

売れない文章を例えに出してみる

例えば、今お悩みの売れないということについて疑問を投げかけてみます。

  • なぜ売れないのか?
  • なぜ売れない文章になってしまうのか?

 

そして、これに対しての答えを探します。あるいは、自分の考え(何かの根拠に基づいたもの)を用意します。まさに、今のあなたの悩みであれば、この答えが見つかれば解決へと進むことができますよね。

 

今考えられる答えとしては、

  • 文章能力がない(文章力がないと売れないと思っている)
  • そもそも売れる文章がどういうものか分からない
  • 売れる文章の構成・書き方が分からない
  • 売れない原因が分からない

ということが考えられます。

 

 

ただ、これだけ分かったとしてもちょびっと説得力に欠けてしまうし、ここで終えてしまったら私への信用問題にもなるので^^;

信頼回復の為にも、もう少し深掘りしてみます(笑)

 

あなたが売れないと困る理由は?

では、ちょっと進んでみて、今度は、

  • なぜ売れないと困るのか?
  • なぜ売れないから悩んでいるのか?

という疑問を投げかけてみましょう。

 

売れないと悩んでいるということは、売れないと困る理由があるからですよね。だとすると、それはなぜなのか?例えば考えられることとして、

  • 収入がない
  • 文章を書く楽しみがない
  • ユーザーに満足してもらえない

などが挙げられます。

 

では、もーっと考えてみましょう。

 

なぜ収入がないといけないのか?

「売れない」という悩みから離れてきているように思えますが、超重要な疑問です。本来はここまで考えるべきことです。コピーライターの世界では当たり前のことです。

なぜなら、ここで考えることが、ベネフィットの部分だからです。

 

売れない=収入がない、なぜそれはダメなのか?

  • 家族を養えない
  • 今まで買えていた物が買えない
  • 子供を不幸にしてしまう
  • 1年に1回行っていた旅行に行けない
  • 家族をディズニーランドに連れて行かれない
  • 新しく購入した車のローンが払えない
  • 週1回は外食をしていたことができなくなる

など挙げられます。

 

これらは、「~したい」で考えても良いですね。欲求の部分です。

 

だから、売れないと困る訳です。場合によっては、もっと深く疑問を投げても良いと思います。「なぜ、家族を養えないといけないのか?」のように。

 

私がセールスレターを書く時には、このようにリサーチして導き出したターゲット像に対してとにかく疑問を投げかけます。これだけで、相当な量の文章が書けますし、突き刺さる文章が書けます。

ターゲットの生活レベルまで落とし込んで考えられればベストです。

 

すなわち、売れる文章へと繋がっていきます。決して机上の空論ではなく、私がコピーライターとして結果を出してきている中で実践している内容です。

 

売れる文章を書く方法のまとめ

いかがでしょうか?

 

文章を書く時には、あらゆることについて疑問を投げかけてみて下さい。

 

あなたの文章はターゲットに対して適切か?

適切でなければそれはなぜなのか?

今文章で詰まってしまっているのはなぜなのか?

書けない理由は?売れない理由は?

 

とにかく、Why?Why?Why?と考えてみて下さい。

 

それで出来上った文章に対しての反応は、きっと素敵なことが起こると思います^^

 

おしまい。

 


ライティングを学べるメールマガジン

mailtouroku

2 Responses to “売れない…そんな時にシンプルにできる売れる文章への変換方法”

  1. マミー より:

    初めて訪問します。
    今、売れる文章を書きたくていろんな方のアドバイスをたくさん読んで勉強しています。
    自分が読み手の気持ちにならないとダメなのに、今までの自分は記事を完成させることしか考えていない自分本位の記事だったと分かります。
    常にWHY?で考えて書いて見ます。

  2. kikku-rock より:

    マミーさん

    訪問&コメントありがとうございます。
    少しでも参考にしていただけて嬉しいです。

    今後も勉強になるような記事を書けるように頑張ります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ