記事を書くのが苦手なノウハウコレクターにありがちな考え方


ノウハウコレクターの悩み

前回の記事(ライティン グ能力を上げる方法)ですが、なかなか伝わりにくかったようで、私もまだまだ力不足でスミマセン泣。

 

この記事を読んで頂いているという事は、ライティングについて興味をお持ちという事、この点はあなたも認識されていると思います。すなわち、文章力をもっと鍛えて稼ぎたい、記事を書くのが苦手、と感じているという事。

 

もし、あなたが明確にそう感じているのであれば、それはそれで素晴らしい事です。逆に言えば、しっかりと自分自身の事を理解できている証拠です。

 

しかし、多くの人たちは、自分自身の事さえも把握できておらず、間違った方向へ進んでいる事が往々にしてあります。

 

そこで、せめて私の読者さんには、間違った方向に進んで欲しくないと思いライティングに繋がる話を書いていています。で、ここからが前回の復習もかねてです。

 

2秒で終わるのでクリックお願いします。


人気ブログランキングへ

 

 

記事を上手く書きたい人は何をすれば良いのか?

 

なぜ、ライティングが苦手、自分が納得できる文章が書けないのか?ここがクリアになれば、あなたは見違えるほど稼げるようになるとお考えですよね。

 

しかし、よくありがちなのが、

  • 反応の取れる言葉
  • 読者が引き込まれるテクニック

といった、「ノウハウ」を求めがちになります。

 

いかがでしょうか?そういう観点で教材購入したりしていませんか?もしドキッとされた方は、急いで病院へ。そっちじゃないか^^;今のは忘れてください。

 

ノウハウコレクターの思考

 

ま、それだけで購入するのが全くダメという訳ではありませんが、あなたの文章力を変えられる事が、そういったノウハウを学ぶ、テクニックを身につけることだと考えてしまっているのが、ちょっと危ないですよという事です。

 

これ、ノウハウコレクターにすごく多い考え方です^^;ドキッとされた方は…いませんか?ちなみに、一昨年位までの私がそうでした爆。(ライターになる直前位)

 

私のライティングが変わった理由

 

でも、私はちょっとずつ変わる事ができていると自分で思っています。リハビリの成果が出ているようです。

 

それは、やっぱりコピーライターとして活動し、売るための記事の書き方・構成の仕方、ステップメールのスキルを学び、またサイトやブログの本当の作り方を学び、スキル高める事ができたからです。

 

なんか、それだけを聞くとコピーライティングもノウハウの塊だし、サイトやブログもノウハウの塊でステップメールもそうでしょ?と、私の言っている事が矛盾しているように聞こえてしまうでしょう。でも、そこは違うんです。

 

文章を書くために根本にあるポイント

 

それは、マーケティングスキルが必要だし、特に、

  • リサーチスキル
  • ターゲティングスキル

が必要だからです。

 

裏方ではありますが、リアルにウェビナーを使って(動画を使った販促)、1千万円規模の売り上げを出す事を何度も体感してきました。そこで、

  • 誰に向けて
  • 何の情報を
  • どういう言葉を使って
  • どんな伝え方

をしていけばよいのか?を、調べて・考えるだけで結果が驚くほど変わる事が理解できました。そして、それら経験や考え方が全て今のライティングに集約されるようになっています。

 

私のライティング歴の遷移

 

以前のまぐまぐと比較してみてください。2010年とか11年、12年(13年位から手抜きしているので参考になりませんが笑)、そのあたりまでを読んでもらうと、その違いが一目瞭然だと思って頂けるはずです。何なら創刊時からでもいいです。あまりにも幼稚すぎて比較すらならないでしょうが。

 

過去の栄冠(皮肉を込めて)
http://archives.mag2.com/0000252545/

 

文章を上手く書くためのポイントのまとめ

 

前回、今回とお伝えしたかった事は、ライティングをもっと向上させたい記事を上手く書きたい、とお考えであれば、テクニック的な所を目指す事が問題であるという事なんです。もっと本質的な視点へと向ける必要があるという事です。

 

ご理解頂いたでしょうか?今回は上手く伝わったかな^^;

 

メルマガでもこのようなことをお話しています。ぜひ、あなたからの登録をお待ちしています。

ブロメガクリエイター倶楽部

 

おしまい。

 


ライティングを学べるメールマガジン

mailtouroku

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ