メルぞうで審査が落ちる2つの理由


久しぶりに作成したレポートですが、

メルぞうは審査に2回ほど落ちています(笑)
詳細は後ほど。

 

メルぞうの審査に落ちている理由

 

さて、メルぞうの審査に落ちている状況ですが、
理由については、審査結果のメールにて、

「こんな理由が考えられます」と羅列して
送って来てくれるのである程度予測出来ます。

 

今回のレポートは容量オーバーしている為、
よくある「本編はこちらから」という流れで

審査の登録にはタイトル、ダウンロードリンク、発行者の詳細、
程度のレポートを登録しています。

 

で、最初に審査落ちたのが、
完全に凡ミス。

発行者情報を最後に載せるのを忘れた為(笑)
発行者名やメルマガ情報、
問い合わせ先など。
 
保管していたPDFを見返した時に、
ダウンロードリンク以外何も記載していない事が発覚。
そりゃ審査通りませんね。

だって、誰が書いたか分からないので^^;

 

でもってそこを修正して出した2回目は、
ここは「おそらく」の域でしかないですが、

既にメルぞうに登録してある他者の
同じような「本編はこちらからどうぞ」という流れの簡素なレポートと比較したのですが、
どう考えても「発行者への連絡先・問合せ先」が無いからだと思っています。
 
問い合わせフォームは載せていたけれど、
メールアドレスの表記が無かった事が唯一の違いです。

なので、3回目の審査には捨てアドのメールアドレスを表記して
昨日出したところでです。

 

さて、これがどうなることやら。
これで通れば間違いなく連絡先の記載なしが理由。

 

その後審査結果が出てきて….


ようやくメルぞうにて審査が通りました。
3度目の正直。

 

ホッと一息です。
ようやくコーヒーが美味しく飲めます。
BOSS微糖が(笑)

 

やっぱり2回も審査に通らなかった理由はあれでした。

 

明確になった審査が通らない理由

 

前回もメルぞう審査で2回も落ちているとお伝えしました。
最初は、発行者情報がゴッソリ抜けていたと言う凡ミス。
 
2回目についてはおそらく、
週に2回も審査依頼出してしまった為。
1回目が落ちた後に速攻で次の日に審査依頼の流れ。

(ここ前回のメルマガで書いたのと少し違います)
 
でもって今回3度目と言う事で、
前回落ちた週をまたいでから審査に出しました。
でも、ここで出したレポートは2回目と同じ内容でです。
修正点は、
 
・問合せ先(メールアドレス)
 
を追加しただけです。

 

そして先日木曜日に無事公開でした。
と言う事は、まぁ、最初の発行者情報についてはミスなので当然として、

この「問い合わせメール」がないと審査通らないんだと言う事が分かりました。
(内容が問題ないと言う大前提はあります)
 
いや~1年半もレポート登録していないといろいろ変わっています^^;

 

以前はメールアドレスではなくても「問い合わせフォーム」だけで十分でした。
今回もそのフォームは載せていたので、てっきり通るもんだと思っていました。
 
でも、ダメだった。
 
少し焦りましたが、
こういう時はきちっと原因を考える。

私がとった行動はこうです。

今回はメルぞう側から、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

レポートがしっかり作りこまれているにも関わらず落選するケースは、
おおよそ以下の通りです。

・人物画像を使用している場合

・PDF内にメルマガ名メルマガURLの未記載又は、
読者を増やすメールマガジンで選択したメルマガと一致しない場合

・リンクが正しく設定されていない場合

・PDFファイル名が半角英数字で無い場合

・住所などの個人情報を記載している場合

・人数限定や期間限定のレポート

・アダルト系(リンク先も含む)・出会い系アフィリ

・連絡先が記載されていない場合

・週に2本以上レポートの掲載依頼をされた場合
(掲載依頼は週に1本までにして下さい。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というように分かりやすくポイントが書かれていたので、
まず、もう一度レポートを見直す。

上記点を一つずつチェックしました。

でもって、内容的に問題ないとなった場合、
既に登録されているレポートを新着の所から何でも良いのでダウンロードして、
もう一度上記メルぞうのポイントと照らし合わせてみる。

ここは、もし直近で自分のレポートが既に審査通っていれば、
その自分のレポートと照らし合わせでも良いと思います。
 
私の場合は、1年半もブランクあったので、
最新の物で調べる必要があったからです。
 
そこで気付いたのが、

・連絡先が記載されていない場合

という点でした。
 
私の場合は一応問い合わせフォームの掲載があったので、
以前はそれでOKでしたので疑わなかったのですが、

その既に掲載されていた新着レポートでは、
メールアドレスの記載がありました。

 

ここは確信はなかったのですが、
唯一の違いと言えばここしかなかったので、

私もメールアドレスを掲載し3度目の審査を出した、
(当然ステアドで爆)
と言う流れです。

 

なので、こういう上手くいかない場合の対処方法は、
皆さん頭では分かっていると思うのですが、

「比較・検証」です。
ビジネス的に言うと「PDCAサイクル」とも言いますね。

Plan:計画を立てる
Do:実行する
Check:評価する
Action:改善する
 
微妙に「Check:評価する」があるようでない感じしますが^^;

これからレポートを沢山作っていこうと言う方、
参考にして頂ければと思います。

でもって、どしどしレポート紹介頂けると、
BOSSでビールかけならぬ、

「コーヒーかけ」

しちゃう位、喜びます^^
ソフトバンクおめでとう。
阪神に勝ってほしかったけど(-_-;)

掲載レポートスタンドは、

・メルぞう
・スゴワザ
・まぐぞう

の3つです。

あなたのポイントとして紹介されてください。

再配布権も付いていますし、
無茶苦茶ダウンロードされやすく作ったし、

紹介されやすいように作りましたので。

紹介しやすいネタをぶち込んでます。ニヤリ。

 

メルぞうにて↓

【再配布権付き】

対象者全アフィリエイター 無料レポートスタンドにて 新着1位を2度獲得した男が贈る

初心者でもDLされ反応が出る 無料レポート作成マニュアル 【第1章~最大の肝編~】

 

おしまい。

 


ライティングを学べるメールマガジン

mailtouroku

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ