ステップメールを使った稼ぎ方一例|ステップメールの教科書


ステップメールの稼ぎ方

 

こんにちは、吉川です。

昨日は9時間も寝られたので今日はすこぶる快調です^^って、偏頭痛で早めに寝ただけです。。

 

会社を辞めてからほとんど偏頭痛になることがなくなったのですが、季節の変わり目にはどうしてもなりやすい体質のようです。

 

まぁ、それでも会社員当時は会社に行くだけで頭痛がするっていうのが日常茶飯事だったので、今の状態でも幸せな方なんですけどね^^;

今回は、メルマガで書いたことをご紹介します。

 

2秒で終わるのでクリックお願いします。


人気ブログランキングへ

 

 

ステップメールの稼ぎ方

悪魔のステップメール販売終了

 

さて、お知らせしている悪魔のステップメールの販売終了まであと「5日」です。

何度もこのレビューをお読み頂いてご購入ください。


ステップメールの教科書|悪魔のステップメールのレビューと特典

 

今私がステップメールを使って稼いでいる方法の一つとしてブログを持っているのですが、あなたも同じように稼げるとしたらやってみたいと思いませんか?

そのブログというのは、今では1年に1回だけ記事更新しているブログですがそれでも売れてしまっている稼ぎ方です。

 

ほぼほったらかしです。

 

私が稼ぐブログをどう作ったのか?

 

と言いますと一言で言えます。それは、

徹底して一つの商品でブログを書くこと

です。

 

そのブログは悪ステ以外のことは一切書いていません。もっと言うと、ステップメール以外のことは絶対に書いていません。

その結果、ステップメールに興味ある人しかアクセスこないので成約率こそ測ることができませんが、25万円程度稼がせてもらっています。

 

無料ブログなので十分でしょう笑。

 

稼ぐブログへ追加したステップメールと具体的な数値

 

そこへ、ステップメールのシナリオの作り方がわかる講座があるとリンクを置いておくので、それは普通に考えて登録されますし解除も通常のメルマガと違ってその率は低いです。

 

今まで275名ほど登録がありますが、運営してからこの7年間で自発解除があったのは42人でした。解除率で言うと、「0.15%」です。

 

一般的なメルマガの解除率で言うと0.25%なので良い方だと感じています。その42名というのも、随時シナリオ追加しているので既存のメールを読み終わって時間が経っていた人なんかが追加でメールが来ると解除されているのが大半でした。

 

ま、そこは加筆・追加・修正を繰り返すのがステップメールの重要な部分ですので割り切った気持ちもありますが、そうは言っても全部読み切った後に長いと1年とかほったらかしにされたらそりゃ読む気も無くなりますね、

ってことです^^;そこは反省点です。

 

同じようにステップメールを導入した方が良い対象者

 

それにしても、このようにきちんとしたターゲットを呼び込んでの登録であれば、メルマガほど解除もされることなくきちんと読んでもらえるステップメールにすることは可能です。これはどんな商品でも実現可能です。

 

サイトアフィリをやっている人なんかは絶対に取り入れた方がいいと思うんですが。物販でも情報商材でも、徹底して一つに絞って記事を書いていれば100%その商品に興味あるアクセスきますので。

あ、もちろん適当に書いていたら来ないですからね。そこは、手軽にとか出来るものではないです。

 

でも、私の悪ステ紹介のブログを見てもらうとそんなに難しいことは書いていないと思うんです。(リンクは貼りませんがURLはこちら『http://akumastep.doorblog.jp/』)

 

これはたまたま実践していたので、その様子を書いていただけで専門的に書いているかといえばそうでもなく、どちらかというと実践記です。まさに、情報商材系の人がいつも書いているようなことですよね。

 

ここにステップメールも入れたらどうですか?

っていうそれだけです。

 

ステップメールは何でもかんでも売れるものではない

 

ただ、やっぱりシナリオの作り方を、読まれるべくして読まれているというきちんとした流れになっていなければ、その効果は半減してしまいます。

そこはこの悪魔のステップメールで学んでいけば全部クリアできるようになります。

 

ブログ自体は3ヶ月みっちり書いて、あとは適当な時に記事更新すればアクセスは自然とくるようになっているはずです。

 

ぜひ、来年の今頃にはほったらかしで稼いでいるブログになっているように、あなたの戦略にステップメールを組み込んでみてください。


ステップメールの教科書|悪魔のステップメールのレビューと特典

 

おしまい。

 

 


ライティングを学べるメールマガジン

mailtouroku

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ