誰でも作れるランディングページ(LP)の7つのポイント


LPの作り方

ステップメールを行う上で必須になるのが、LP(ランディングページ)と呼ばれる読者を集めるための1ページです。リスト(読者)を搾り取るという意味でスクイーズページとも呼ばれます。

ステップメールに限らずメールマガジンをアフィリエイト(ビジネス)戦略として使うのであれば読者集めに最も力を入れなくてはいけません。

 

しかし、周知の事実として新規読者を集めることが非常に難しい広告を出すと費用がかかるため、ステップメールやメールマガジン導入を躊躇するアフィリエイターも少なくありません。

また、LP導入を考えていても何をどう作ったらいいのか?効果的なLPにするにはどうしたらいいのか?ということに悩んでいます。あなたはいかがでしょうか?

 

そこで今回は、今後あなたにステップメールの教科書として頂くための、誰でも作れるランディングページ(LP)の最低限の7つのポイントを解説していきます。

これによって、あなたもランディングページとしての最低限の機能を果たす1ページを作り、これを基盤として検証・修正していくことで、

 

広告費をかけずとも自然と読者が集まる、あるいは広告費をかけた時に最大限のパフォーマンスが出るLP

 

へと変貌させることができるようになります。じっくりとお読みください。

 

2秒で終わるのでクリックお願いします泣。


人気ブログランキングへ

 

 

ランディングページの基本

まず最初に基本構成を説明すると以下のようになります。

lpの構成

  1. キャッチコピー
  2. メリット
  3. 商品説明
  4. メリット・ベネフィット
  5. 特典
  6. 登録フォーム
  7. 追伸

 

最初に注意点をお伝えしないといけません。本来、ランディングページにおいてはもっと緻密に構成され高度なテクニックを要する作成になります。

 

もちろん、それが作れた方が良いに越したことはないですが作り方を学ぶには非常に多くの時間と知識と経験を必要とします。ここでは最低限の基本として抑えるべき点だけを解説していきます。

 

ただ、この挙げた構成だけでも検証と修正を行っていけば十分結果が出る構成になっていますので、まずはこの内容で作成していき、今後余力があれば細かいポイントを学んで追加していく流れが良いでしょう。

(※細かいポイントについてはコピーライターとしてのメインサイトhttp://kikku-rock.net/で今後まとめていきます。)

 

ターゲットを明確にする

まず、ランディングページを作り始める前の作業として、あなたが集めたいターゲットを明確にします。それは、アフィリエイトしたい相手になります。

 

そして、ゆくゆくはあなたの優良顧客となりうる人を集めることになりますので、ここを外してしまうとどうやっても売れないステップメールになってしまいます。

 

以前、別の記事でも解説しましたが、ステップメールというのは「欲しい人に送る内容と順番をきちんと戦略を持って考えるからこそ売り上げが最大化していく」とお伝えしました。

(参考記事:ステップメールで稼ぐ方法を徹底解説!|ステップメールの教科書

 

よって、このターゲティングの重要性は言わずともご理解いただけると思います。ここでもし、あなたのターゲットが不明確であれば、

  1. 自分の強み・発信したい情報を考える。
  2. その上で自分が伝えたい内容を誰に届けたいのか?
  3. そしてリサーチを行う(届けたい人はどんな悩みを持っているか?どれ位いそうなのか?等)。

という手順を踏み、あなたの集めたい人を明確にしましょう。

 

メッセージ(キーワード)の遣い方

そこで注意したいポイントが、ランディングページ内の言葉の遣い方です。それは、ターゲットを集める範囲を狭い範囲で集めたいのか?広い範囲で集めたいのか?ということです。

ちょっと難しくなるので出来そうな人はチャレンジしてみてください。簡易ポイントとして2点まとめます。

 

  1. 特定の人しか知らない言葉を使うかどうか(小学生でも分かる位の言葉にするかどうか)
  2. ターゲットが好きそうな言葉(興味を持つ言葉)を入れる

この「ことば遣い」の違いで、ターゲットを集める範囲が狭い範囲なのか?広い範囲なのか?が変わってくるようになります。具体例を出しますね。

 

例)サイトアフィリエイトのターゲットの場合

狭い範囲→既に実践者向け。SEO対策を行っても検索上位に行けない人。バックリンク(被リンク)、内的SEO、外的SEO等の言葉を使い専門的な内容にする

広い範囲→今から始めても誰でも稼げるサイトアフィリエイトの始め方。サイトの基本的な作り方、基本構造、簡単に作れる方法等の言葉で初心者でもわかりやすくする

 

基本、LPは分かりやすい言葉で広く集めてステップメールで売り上げを最大化するシナリオにするというのが通常です。

 

その方がより多くの読者数を集められる可能性が高くなります。その後、ステップメールで対象者を絞っていくと言った流れにする事で最大化に繋がっていきます。

 

しかし最終的にあなたが売りたい商品にも繋がりますので、ちょっと高度な内容の商品であれば「その価値がわかる人」というように思い切って狭めても面白いかもしれません。

ただ、その場合は読者数としても限られるようになります。

 

嘘は書かない(信憑性に関することはキチッとデータ等の証拠を出す)

こちらも構成を考える以前の問題で大原則です。嘘や誇張過ぎる表現は文章として違和感を感じます。読者は読んでいないようでその辺の「感覚」は感じ取ります。

 

自分自身が出した結果であれば証拠もあるので問題ないですが、例えば結果ではなく調べた事を明示する場合、数字などあればそれについての証拠も出すことであなたへの信用度は高まります。

また、きちんとした文章という認識から登録に繋がるようにもなります。

 

逆に言えば、信ぴょう性にかかわる時に証拠が示せない内容は書かない方が無難です。

 

証拠がないのにその信ぴょう性を書かないと成り立たないような文章だとしたら、違った観点からの文章の流れに書きなおした方が良いです。

 

ランディングページの7つのポイントを考える

では、具体的にLP(ランディングページ)の書き方について各ポイントごとに解説していきます。

キャッチコピー

キャッチコピーにおいての基本原則は、「次の文章を読ませるためのもの」です。

 

よく、キャッチコピーに誰も思い付かないようなクオリティの高い言葉を探す、その言葉だけで商品を買わせようといった誤った認識を持つ方が多いです。

 

実際に私もコピーライティングの勉強をする前は、「売れるようなコピーを考えなきゃ」と躍起になっていました。

 

しかし、実際は全く違っておりむしろその逆で、誰もが想像しやすい簡単な言葉でかつターゲットに響く言葉を選ぶべきです。

 

よりシンプルな言葉の方が目に入った時にパッとイメージが付きますよね?そして、その言葉の果たす役割は売ることではなく、「次に用意されている文章を読んでもらうためだけ」です。

 

キャッチコピーでページを閉じさせないようターゲットを引き止めて、「ちょっと気になるな」と思わせ(実際は潜在意識の中でそう感じて行動します)、その下の文章に繋げていくのです。

 

ランディングページというのは、キャッチコピー単体で売れるようにしたり商品説明で売れるようにするものではありません

 

全体を通して読んでもらって(実際は細かく読んでいないけれど)、最終的に購入・登録をしてもらうものです。

 

その中でターゲットが徐々に欲しくなるような要素を散りばめていくからこそ1ページもので売れる(登録される)のです。

 

よって、キャッチコピーもあくまでもその下の文章に繋げるだけの役割しかありません。もちろん、この後説明するポイントも次を読ませるための役割しかありません。

 

その、「ただ読ませる」という行為の中に潜在的に欲しくなるようなテクニックを組み込むことで効果的なLPが出来るようになります。

 

難しい表現になりますが、まずは売ろうとせずにターゲットがどうすれば下を読んでくれるか?を考えてキャッチコピーを考えましょう

 

それでは、実際にどうやってキャッチコピーを組み立てていくのか?どういう内容を入れれば良いのか?のポイントを説明します。

 

ここでは、情報商材などの稼ぐ系をターゲットとする場合として説明します。

 

1、ターゲットを入れる(YOU)

基本中の基本です。誰のためにそのLPがあるのかをアピールする必要があります。それはターゲットが最初にページを見た時に、「自分のことだ」と認識させることです。基本はターゲットの悩みを入れた内容にします。

例)毎月のカードの支払いが心配なあなたへ

 

2、稼ぐ系なら「簡単・お手軽系」の言葉とメリットを入れる(HOW)

ここは、「どうやって稼ぐのか?」という内容を含んだ言葉を選びます。そして、その中にはあなたのサービスを手にしたらどうなるのか?をいうメリットも入れてください。

この時に、数字を用いて具体的に示せればターゲットの興味もぐっと高まるようになります。

 

ただ、稼ぐ系と言っても即金・お手軽といった言葉に反応するターゲットにしたくないという人もいると思うので、あなたの集めたいターゲットを想定して考えてみてください。

例)通勤途中にスマホを見ながらたった3クリックで月5万円の副収入が得られる

 

3、限定性(緊急性)を入れる

これは絶対に入れましょう(って上記2点も必須なのですが)。限定性・緊急性を入れることで、ターゲットに一瞬にして「損するかも。どんな内容だろう」と思わせることです。

例)そんな支払いが楽になる情報を今だけ限定30名様へお教えします!

 

以上をまとめてみると、

「毎月のカードの支払いが心配なあなたへ

通勤途中にスマホを見ながらたった3クリックで月5万円の副収入が得られる

そんな支払いが楽になる情報を今だけ限定30名様へお教えします!」

というようになります。

 

キャッチコピーは、自分でターゲットに沿った言葉を入れたとしても実際の反応は想定外になることが殆どです(間違いとかではなくて)。

 

それ位読めないものと認識しておけば、反応が鈍くてもテストを繰り返しダメなものを潰していっていると考えることもできます。

 

ですので、何度もいろんなパターンを試すことで最も効果的なキャッチコピーを探せるようになります。

 

そこで重要になってくるのが、スプリットランテスト(別名A/Bテスト)です。キャッチコピーだけを変えたAパターンとBパターンの2種類のLPを用意し、そこへ来たアクセスの内どちらの登録者が多いのか?を検証するテストです。

 

これをやることでどちらのコピーの反応が取れるのか?が分かり、何度もいろんなパターンを検証することでより精度の高いキャッチコピーを作れるようになります。

 

ただこの検証は、慣れれば簡単な仕組みですが最初は混乱しがちです。

 

よって、最初は出来なくても将来的には導入出来るように少しずつで良いのでLPの知識をより深めていきましょう。テストの方法についてはまた後日一記事を使って説明したいと思います。

 

メリット

ここで入れるメリットは、登録をすれば得られる結果のことです。例えば、先ほどのキャッチコピーの例の続きで言うと、

  • スマホで稼げるノウハウ
  • 毎月5万円を得られる方法

について細かい内容を書きます。具体的な例としては、

  • このメールマガジンを読むことでスマホで手軽に月5万円を稼ぐ最新の情報を知る事が出来ます。
  • スマホで稼ぐ実践をしていく上で役に立つツールやノウハウ情報(過去に配信した具体的な内容があれば入れる)を常に把握する事が出来ます。

というようなことです。

 

より具体的に書いた方が登録者の興味を引けるので考えましょう。この後の商品説明でも追加して書く内容なので、出来れば多くの数用意することをお勧めします。

 

ここでも一つ追加ポイントとして、このメリットを書いた直後に登録フォームを入れても良いです。

 

 

 

メリットがしっかりと届けばいきなり登録をしたいと思う人もいるはずですので、最後まで読ませる必要もなくすぐ登録してもらいましょう(笑)。

 

そしてさらに文章を書く時の悩みとして、LP全体を通しての文字色は何を使えばいいのか?と疑問に思う事はありませんか。文字を目立たせるには、太字が良いのか?赤字が良いのか?背景色を使った方がいいのか?私は過去迷っていました。

 

今のコピーライターとしての経験上せいぜい使って3~4種類までがベストだと感じています。太字赤文字背景色(黄色のみ)下線です。これ以外の、例えば背景色を何色も使うとか文字色を何色も使うのは避けましょう。

 

目立たせたい気持ちは分かりますが、カラフルな文章はチカチカしてしまい読みにくくなります。内容が全く入ってこなく、最悪文字色を見ただけで閉じられてしまう可能性もあります。

 

また、使う時にはバランスよく配置するように意識します。ほとんどの言葉が太字になったり赤文字になったりしないようにです。

 

昔、学校の教科書で重要だと思ってマーカーしたらほとんどの箇所をマーカーした経験はありませんか?(笑)あの時のようにならない為にも、本当に重要部分だけを考えて使用しましょう。

ちなみに私が使う時は本当に強調したい言葉以外では、あまり長い間変化のない文字ばかりだと飽きられてしまうことを考慮してあえて太字にすることもあります。

 

商品説明(肝の話)

ここからは、キャッチコピーやその下のメリットを受けての説明文の解説になります。

 

この部分には、あなたの自己紹介、あなたの経験(共感してもらえる内容)、何を提供できるか具体的な商品説明(メルマガならその内容)実績があればその証明などを入れていきます。

 

自己紹介は、もしアピールできる「凄い」と思わせられる面があればどんどん追加します。

 

この凄いというのは、商品そのものに繋がる事が一番ですがもし無いようであれば、あなた自身の人間性のアピールと言う意味でも得意な事・自慢できる事を書いてもOKです。

例)会社で営業賞を獲った、社内No,1の実績を取った、資格を取るのが趣味でいくつもあるならその資格を羅列する、学生の頃の部活で優秀な成績を獲ったなど。

 

商品に直結しない内容でも書いた方がよいという理由は、そういう内容を出すことであなた自身の「価値」を高められるようにします。

 

権威」という原理を使うのですが(詳細は省きます)、そういった賞の実績がある人においては自分がその職業経験があればもちろんですが無かったとしても、「何か凄い人」というイメージは持った経験はありませんか?

 

人はそういう人に影響を受けやすいです。

 

最初は深く考えなくて良いのでどんなに小さなことでも、もしあなたにそのような、「これって…」という一面があればどんどん追加していきましょう(普通免許とかありきたりの事を書いても意味がないのでそれだけ気をつけましょう)

 

あなたの経験については真実であると同時に、その経験から何を学んでどう変わったのか?というのを書くことで同じシチュエーションで苦しんでいるターゲットが集まるようになります。

もし、そのエピソードのすそ野が広いような内容であれば広範囲のターゲットを集められる可能性もあるので、ご自身の過去の人生を洗い出してみましょう。

 

そして商品説明であれば、ネタばれしてしまうほど事細かく書く必要はないですが手に入れた時に何が得られるのか?(メリット)を多く出していきましょう。冒頭のメリットで書ききれなかった説明を加えて下さい。

 

メリット・ベネフィット

ここでいうメリット・ベネフィットは、その商品(メールに登録する)を手に入れるとターゲットの人生がどう変わるのか?という部分にフォーカスしていきます。

先ほどのメリットの話は、商品の直接的な内容を書くと言う事でしたが、ここではその商品から波及してどんな幸せになるか?という内容を書いていきます。

 

いわゆるそれが、「ベネフィット」と呼ばれるものなのですが、分かりづらいので具体的に書いてみます。

例)

  • このメールマガジンを読みスマホで手軽に月5万円を稼ぐ最新の内容を知ると、1日¥500しか使えなかったお小遣いが¥1,000へと変わるので、正直飽きてしまった持参の弁当ではなく週に3日は一度食べてみたかった洋食屋の弁当を食べられるようになります。
  • 毎月のカード払いで悩んでいるあなたがこのスマホで月5万円を稼げるノウハウを手にすると、本当に簡単に稼げる情報だと実感出来るので即実践を始めて、1ヶ月後には初報酬を手に入れられるので、カード払いが楽になるだけではなく毎月の支払いに上乗せ出来るようになるので、支払い残金が見る見るうちに減っていきます。

 

このように、ポイントとしては、

登録をした時のメリットとそのメリットを得るとどう変わるのか?をより具体的にイメージしてもらう事です。

 

いきなり書くのは難しいかもしれませんが、ターゲット設定の時に悩みの反対の事を考えれば書きやすくなるので試してみて下さい。

 

特典

特典についてよくある内容としては、

  1. 無料レポート
  2. 無料音声
  3. その他実践に基づく貴重な情報

が挙げられます。

3の「その他実践に基づく貴重な情報」については、非常に抽象的な表現になっていますがそれだけいろんなパターンが考えられると言う事です。

 

例えば、ステップメールを実践している人であれば、シナリオを作る時に作成したマインドマップやexcelでまとめたリサーチ情報、サイトアフィリエイトであれば「まだまだ使えるping送信一覧表」などです。

※あくまでも例えなので効果の有無は考慮していません。

 

ほとんどの人は、1と2の無料のコンテンツの配布になるかと思います。手軽に作れてかつ自分の知識の範囲内、あるいは調べればいくらでも作れます。

 

お金がかからず作れてその上訪問者に喜ばれるならこんなにも素晴らしいものはありません。

 

ただ、そのコンテンツを作る時にはあれば何でも良いという訳ではなく注意が必要です。思いつく注意点を並べてみます。

  • 登録後に流れるメール内容と全く関係ない内容は提示しない。
    例)メールはステップメールに関する内容なのに無料配布物がせどりの内容のもの。
  • 同じ稼ぐ系でも無料配布→ステップメール(メールマガジン)→最終的なオファー内容の流れの中のコンテンツを統一する事。
    例)ステップメール商品販売であれば無料コンテンツもステップメール、配信メールもステップメールに関する内容。
  • 内容の程度は基本良ければ良いほど良い(実績がある、高度な内容など)が、興味が湧かない物・ただの自己紹介・逆に無料コンテンツが一番高度な内容になってしまうことは避ける。

 

特に最後の、「無料コンテンツが一番高度な内容になる」というのは絶対に避けた方が良いです。

 

理由は簡単で、その後に売りたい商品が売れにくくなるからです。普通に考えれば当然ですよね?

 

既に無料で良い物をもらっているのにそれ以下の内容でしかも有料の商品を購入するはずがありません。

 

ですので、最初の無料配布物は出来れば初歩的な内容もしくは自分の実践で得た情報や一部ノウハウを入れるのが無難です。

 

この配布物でその後のメールへの印象も変わってくるので、「これでもか」と言う位(最大限)の誠実さや細かい内容になるように考えましょう。

 

また、この特典の説明の仕方については記事冒頭のメリットの説明の通りで構いません。レポートに書いた事を順に説明するだけです。

 

あまり細かく書き過ぎるとネタばれのような感じになってしまうので、丁寧に書きつつもかいつまんで書くように心がけましょう。

 

また伏字(●や○など)は効果がないという噂を聞きますが、私個人の意見としては意味のない伏字は確かに効果はないでしょう。

 

しかし、きちんと使うべく所で使えばまだ十分通用すると感じるので入れ過ぎずに、「ここだ!」という箇所だけを伏字にするのはアリです。

 

登録フォーム

登録フォームについては、良くありがちなのが登録用のフォームの表示がデフォルト(テンプレートのまま)で使っている人がいます。

 

どいうのかというと、ある無料の登録フォームでは、「登録」の一言だけになっていますが、そうではなくより具体的なアクション言葉にするかその登録フォームの前にアクション言葉で誘導文を入れましょう。

例)

1、登録の文言を変えるならば→「○○のようになりたいので無料メールマガジンへ登録します!」

2、登録フォームの前にアクション言葉を入れるならば

「○○のようになりたい!と考えているならばこちらのフォームよりお名前とメールアドレスを入力して下さい」

登録フォーム

と言った流れにする事。

 

追伸

メールでも追伸・編集後記を書く人もいますが、LP上で言う追伸と言うのはそれまでに言い足りなかった事を書くか、あなたのありったけの思いを書く場所です。

 

一番最後に位置する内容ですが、実は意外にここを読む人は多いので、ここにあなたの全力の思いを書いておくことでその思いに共感して登録をしてくれる可能性が高まります。

 

ですので書かない人もいますが、これで登録をしてくれる可能性が少しでも上がるのであれば書かない理由はないので、最後の一絞りとして思いを書き残しましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?あなたが実践する時のステップメールの教科書にしてほしいと考えているので、可能な限り優しくかつアフィリエイターの人でも書けるように概要だけ書きました。

 

冒頭でも言いましたが、本来はここに書いた以上に気を付けるポイントが多数あるのがLPです。セールスレターと一緒で登録されるべくして登録される構成を考えるからそれだけ細かく長いページになります。

 

最初は分からなくても検証をしていくことと時間がたって自分で読み返すと、「あれ?ここの文章はこう変えた方がいいんじゃない?」という気付きも出てくるようになります。

 

LPは気付いた時に何度も読んで修正していくことで精度が上がっていきます。

 

面倒なことかもしれませんがそういうコツコツと積み上げていく事が読者を自動で集めることにも繋がっていきます。頑張りましょうね。

 

おしまい。

 

追伸

私のLPが作りかけなのは気にしないでください(笑)


ライティングを学べるメールマガジン

mailtouroku

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ