アフィリエイトを成功させるステップメール記事の書き方


今ライターとして請け負っている業務はステップメールなんですが、久しぶりにガッツリしたステップメールを書いています。

私はステップメールでもメールマガジンでも記事の中には、欠かさず入れ込むある事があります。

 

これがあるのと無いのとでは、ハッキリ言って商品を購入して頂いた後の処理が 格段に違ってきます。

 

 

過去に、いくつもメールの執筆は受けておりましたが、そのメールの内容は、悪ステで言うパターンのステップメールではなく、セールスが終わった後に続けて送るだけのメールでした。

 

「まだまだ販売しているのでいかがですか?」のような内容です。(だいぶザックリ言いましたが^^;)

悪魔のステップメールパターンの詳細 

 

そして、今受けているのは本来のステップメールである、無料レポートをダウンロードしてもらった人へ向けて、ジワリジワリとサービスをクロージングする為のステップメールです。

 

非常に久しぶり過ぎて「はて?どんな書き方していたんだっけかな~」と 一瞬頭が真っ白になりました。

 

ステップメールにおける目的の意義

 

なもので、あまりにも久しぶり過ぎて、メールの目的を書き忘れていました。あなたはいつもメルマガを配信する時に、目的って共有していますでしょうか?

 

ステップメールでも良いんですが、これ非常に重要で常にあなたのメルマガを配信する理由を伝え続ける必要があります。

 

なぜなら、あなたと読者の目的が一致していなければ、高確率の反応(購入)を取れないからです。

 

例えば、あなたは、「有料級の無料情報を配信します!」と、ていの良い言葉ばかり並べて常に無料の情報を配信していたとします。

というよりか、基本メルマガは無料です。だから、読者としては無料で情報を得たい訳です。

 

そもそもがメールを読んでもらう体制が、【無料】な訳です。そこへ、いきなりアフィリをしてしまうと?「なんだよ結局売り込みメールかよ!」となります。

 

入り口だけキャバクラの入り口かのようにキラッキラに飾っておいて、キャバクラの奥から怖いお兄さんが出てこないかビクビクしてしまうレベルです。

あるいいは、下手したら「詐欺師!」なんて素敵な言葉を浴びせられる事でしょう(笑)

 

あるいは、入ってきたお客さんへ真っ暗闇に連れ込んで行く、まさにお化け屋敷状態です。

興味津々で入ってきたその人は、お化け屋敷と思って入って来ていないから、お化け役の人が急に驚かせてしまい、「バカ!最低!!」と言い放ち、可愛い彼女は泣きながら出ていってしまうのです。

 

でも、最初から、「スリル満点のお化け屋敷です!」とアピールして入ってもらえば、そのお客さんもある程度期待して入る訳です。

「どんなのかな。怖いのかな」「怖くても我慢して最後まで生きたい!」などと。体験する側にも覚悟が生まれるわけです。

 

このように、メルマガでもあらかじめ目的として読者に伝えることで、読者に覚悟をしてもらう必要があります。

 

「このメルマガを読むと●●と△△を学ぶことが出来ます。 また、途中オススメの有料教材があればどんどんご紹介します。 だからその時は必要だと判断されたら購入してください」

と。

 

要するに「アフィリエイトが目的です」と宣言してあげる事が必要です。(あ、アフィリエイトが目的ならばですね^^;)  

 

自分のアフィリエイトを容易にする事が出来る魔法の言葉

 

その目的なしに、「無料で全部暴露します!」みたいな事を謳って読者を集めてしまった日には、頭を抱えて泣きながらデスクの中心で叫んでももう遅い訳ですね。

 

だから、目的を言うのと言わないのとでは、読者さんの読み始めの意識が格段に違います。

 

私の書くステップメールでは絶対に最初のメールに、そのメルマガの目的を明かします。

「ノウハウをメルマガでお伝えするけど教材も売っていきますよ」のように。

 

大丈夫でしょうか、あなたのメルマガは。ちなみに、このブログの目的はまだ明確に提示しきれていないのですが、言えることは、

 

ここは、当ブログの情報(主にステップメールとコピーライティング・文章の書き方)で、毎月継続的に最低1万円稼げるようになってもらう。その為に必要ならば、有料の教材も購入して稼ぎのスピードもアップしてもらう事を目的にしています。

 

こうしてお読み頂けるとても優しいあなただけは、この目的はまず覚えて頂き、次回以降も読んで貰ったらウレPです。

 

おしまい。


ライティングを学べるメールマガジン

mailtouroku

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ