ステップメールの流れと注目の4つのポイント|ステップメールの教科書


メールの流れ

ステプメールとはどういうものなのか?もしかしたらあなたの中では、「順番に届くメール」というイメージを持っているかもしれません。このブログでもステップメールの基本概念としてはそのように説明しています。

しかし、「単なる順番に届くだけで効果のあるステップメールは書けるの?」「どういう流れで成約に結びつくの?」という疑問も持っているのではないでしょうか。

 

そこで、今記事ではステップメールで反応があるまでにどういう流れが起こっているのか?について解説したいと思います。

 

これを読んで頂くと、ステップメールを使った時の購買意欲が起きる理由、ステップメールからファン化が起きる理由がわかるようになり、またあなたがステップメールを書く時もそんな読者の反応を明確に意識できるようになります。

そしてこの記事を読む時に、あなたは読者側として読んで頂くとステップメールで何が起きているのか?分かりやすくなるので、ぜひその視点でお読みください。

 

2秒で終わるのでクリックお願いします。


人気ブログランキングへ

 

 

ステップメールで起こる反応の全体像を知る

読者とのやりとりの流れ

効果的に反応を得られるステップメールは緻密に計算されてます。どのメールでどんな内容を送るのか?をきちんと把握した上で、得るべくして得る反応を引き起こすのがステップメールです。しかし、この「得るべくして得る反応」を引き起こす手順を知らなければ、そこを目指すことは不可能です。

よって、ステップメールを使うとどんな流れでその反応が起こっていくのか?あなた自身がまずはその流れの全体像を把握していきましょう。それには、あなたも利用した事があるであろう病院を思い出してみると分かりやすいです。

 

問題点の把握

例えば、今あなたが体の不調を訴えているとします。それは、今まで何度も経験したことがある不調なのでさほど気にとめない状況です。もちろんあなたは病気のことについては素人ですので、経験済みの症状ということもあり、とりあえず市販の薬で「なんとかなるだろう」「きっと風邪か何かだろう」と思い、今まで通りの対処法でしのごうとします。

 

ところが、数週間経っても体の調子は一向に良くなりません。それまで、別の市販の薬を試してみるも改善しませんでした。そこでいよいよお医者さんに相談しようと決意し、過去、実際に友人がお世話になって腕が良いと聞いていたある病院を受診します。

(※ステップメールで言うと、ここでメールアドレスを登録になります。ここからのお医者さんの対応がステップメールのシナリオと思ってください。)

 

そこで対応してくれたお医者さんは、「あなたの通常時の状態がこうで今はこれ位変わってきている」と細くかつ専門的な知識も交えてそれでいてわかりやすい説明をしてくれました。そして、体への症状が出ていなくてあなたは全く気づかなかった病気が実は発症していることを指摘(問題点の指摘してくれます。

医師への相談

 

問題点の解決へ向けてアプローチ

当然、あなたはその病気を治したいと思います。そのために、できる限りの治療をしたいと思うはずです。そこで、お医者さんの知識でしか作ることが出来ない薬や、そこでしかできない治療方法があると言われ、健康で幸せだったあの日々を取り戻したいのでぜひとも薬を使いたい・治療を試したいとなりますよね。

さらに、その薬や治療方法はその病院でしか得られないことを知り、「(強制入院ではない限り)あとはあなたがどうするか決めてください。いかがしますか?」と選択肢を与えられてお願い(購入・入院)するわけです。

 

その治療の結果、あなたは健康を取り戻すことができて、「やっぱり健康第一だな」と改めて健康のありがたみ・幸せを感じる事が出来るので、そのお医者さんへ感謝してもしきれないようになります。

なぜなら、あなたが全く気付いていなかった病気を見つけてくれただけではなく、効果的な薬や治療方法を教えてくれて実際に健康にしてくれたからです。そして、今後もあなたは何かあればそのお医者さんがいる病院にきっと相談するでしょう。

 

いかがでしょうか?あなたが病院で受診した事があれば、病気の大小の差はあれど似たような流れではないでしょうか?効果的なステップメールと言うのは、この病院での流れと似ていています。

 

まとめ:注目すべき4つのポイント

今の例えの中には重要なポイントが4つあります。

  • 専門的な知識も交えてそれでいてわかりやすい説明
  • あなたも気づかない病気を教えてくれる
  • お医者さんだけしか作れない薬と治療方法
  • 今後もきっとあなたは何かあればそのお医者さんがいる病院に相談する

です。

 

これをあなたが作る実際のステップメールに当てはめると、

  • 専門的な知識も交えてそれでいてわかりやすい説明→ノウハウを提供し読む理由を読者に認識させる
  • あなたも気づかない病気を教えてくれる→問題点を明確に教えてあげる
  • お医者さんだけしか作れない薬と治療方法→その解決方法を教えてあげる(そこでしかないという特典なども含めて)
  • 今後もきっとあなたは何かあればそのお医者さんがいる病院に相談する→その後やり取りによって信頼度が増しファン化させることが可能となる

こうなると言えます。

 

ステップメールは単純に、「悩みを解決してあげればいいのか」というとちょっとそうではないのですが、大きな流れの話で言うとこのような4つのポイントをメールに分けて落とし込み、読者へ伝えていくのが効果的なステップメールのシナリオです。ぜひ、参考にしてください。今回は、ちょっと話しすぎました…

 

おしまい。

 


ライティングを学べるメールマガジン

mailtouroku

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ