最強のステップメールにする為の武器を装備する


最強のステップメールにする為の武器を装備する  

 

今月に入り、またまたライターの案件に 追われてしまっています。自分の作業も停滞気味。。。春の低気圧のように停滞しているものだから、いつになっても突風が止みません。せっかくの桜もぶわ~っと散っています。

 

と、どうでもよい話は止めて、これまで私がちょっと感じてきた違和感あるお話。 ステップメールでよく言われるけど?と思うお話。

 

ステップメールを書き慣れてきてさらに難しく感じる理由

ライターとしての経験談 

今私はライターとして、

  • ランディングページ
  • セールスページ
  • ステップメール

をセットで請け負っています。ステップメールについて言うと、2009年位?からだったと思いますが本格的に実践し始めています。今や悪ステのノウハウも板についてきたので、さほど悩まずにシナリオ作成が出来るようになってきています。

 

でも、その作成労力の大変さと言えば、昔よりさらに難しいと感じています。  それは何故かというと、良いステップメールが書けるようになってきたので、 それに合わせて詰め込む技術・ノウハウの精度が上がって来ているからです

 

一言でカッコよく言うと本質をつけるようになってきた。って言うほど、実はまだ完全に掌握はしていません(笑)でも、本質が分かってくると非常に考えざるを得なくなります。逆にその思考がステップメールの精度を上げてくれています。

 

間違ったステップメールの認識と正しい認識

 

ただ、これ私も昔確かにそうだったんですが、アフィリエイトでも、「ステップメールってどんなシチュエーションでも最強・最高に売ることが出来る」と思っている人が多いです。とりあえずステップメールへ流せば売れるでしょ? という感覚。ステップメールと言うだけで。

 

確かに本当に精度を上げて、ポイントを掴んでしっかりと組んだステップメールは、 それはそれは凄まじい威力はあります。でも、これはランディングページとセールスページ作成を自分で出来るようになったから本当に理解出来るようになりました。

 

まず、ステップメール単体では限界があるという事を学びました。その為にはセールスページを考慮したランディングページを作る必要があります。

 

どういう事かと言うと、購入してほしい人を終着点と考えて、どんな人を集めるか?を細分化しターゲットを決める。それをランディングページで門戸を広く見せつつ、絞った属性になるようにする。その登録してきたターゲットにステップメールを送る。だから凄まじい成約率が出るのです。非常に重要な事を言っています~

 

ガッチリはまったステップメールの威力は凄い

 

要するに、初めから最後まである程度一貫したターゲットにする必要があり、それがガチッとハマった時は凄まじいのです。世に出回る凄い結果というのはそこがきちんとしているからなのです。だから表面的に「ステップメールがすごい」というイメージだけ先行してしまう。

 

ただ! ステップメールも突き詰めれば突き詰めるほど、難しさを感じる所はあります。それが昔より労力の大変さが増したという事の理由です。

 

というこのような内容を、もっと推敲したような文章で お伝えしなければいけない位重要な事なんですが、思いつきのままキーボードをカタカタしています。伝わりづらかったらごめんなさい。

 

要は、ステップメールって思っているほど簡単に売れるモノではないし、登録ページと販売ページとあいまって威力が2倍・3倍になるという事です。だから、2つ、3つ目の武器を強固にする事です。

 

ブログやサイトでも無料レポートプレゼントフォーム登録している人多いと思います。そこからステップメールを配信へ繋げている人も。その登録のページの精度を上げるだけでも、その後のステップメールの修正しなくても結果が変わってきます。

 

日々、検証し修正する事が一番の近道だったりもします。

 

おしまい。

 

追伸 メルマガ登録はこちらから

 


ライティングを学べるメールマガジン

mailtouroku

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ