あなたを貶めるダメなステップメールの先入観4つ


 最近は、「ステップメール」自体が浸透してきている印象があります。というよりか、実はステップメールはもっと前から存在していたし、私がこの「ステップメール」というのを知ったのは「システムアフィリエイト」という教材を購入する頃からでした。(かれこれ5年位前でしょうか…)

 

もちろんそのずっと前から存在していましたし、知っていた人は既に使っていました。ただ、それでもステップメールと言うモノ自体にいまだにピンとこないというか、「難しい」という先入観がある方も多いです。

 

確かにステップメールというのは、あらかじめこれから配信するメールを先に作ってしまい順序立てた物語を配信するということなので、そのシナリオを作らなくてはいけませんから、ただ1通配信するメルマガを作るのとは違いハードルが高いと思われる方も多いです。

 

ステップメールが難しいと思われる理由

こんな4つの先入観がわたしをダメにしていた

 

実際、私も最初ステップメールを知った時は、

  • どういう風に2通目、3通目、4通目と繋げるのか分からない
  • ということはえらい時間がかかってしまう
  • ということは他の作業が止まってしまう
  • ということは面倒くさい

などと思っていました。総じて、難しいというのが大きかったです。

 

正直、最初の1本目のステップメール作成は本当に面倒くさいです。これだけは私の思い通りの結果になってます(笑)

 

しかし、その最初1本目を乗り越えれば、意外にその後は簡単だと言うことに気づきました。というのも、例え違うジャンルの ステップメールを作るにしても、その1本目のシナリオさえ出来ていれば、応用できる内容があるため(作成に慣れると言うのもあります)、後はそのジャンルに合せた内容を 加筆・修正していけばいいことに気が付きます。

 

これステップメールを実践している人全員が そうしてるかは不明ですが、私の場合は同じようなメールを 次のシナリオでもちょこちょこ入れたりしています。  

 

ステップメール作成を少しだけ楽にする方法

 

例えば、Aという商品のシナリオが完成した後、Bという商品のシナリオ作成する時。Aの中から使える箇所をBのシナリオの一部へ取り込むという方法があります※もちろん加筆・修正しその商品に合った内容にはするのでコピペでおしまいではありません^^;

 

ですので、ステップメールの作成というのは、最初だけ大変なのです。後は比較的楽な作業にすることも可能です。そして、その最初さえ乗り越えれば、設置してアクセスを集めるだけで、リストも入りそのまま営業をかけてくれる影武者のような存在になってくれます(笑)  

 

少しでもその「難しい」という 先入観を取り除けたら前に進みやすくなるのでは?と簡単に取り組める内容をまとめました。

 

おしまい。


ライティングを学べるメールマガジン

mailtouroku

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ