ステップメールとメルマガを合わせると得られる4つのメリット


戦略

あなたは、メールマガジンの読者を集める時に無料レポートを使って集めることがほとんどと思います。しかし、フリーメールの登録がほとんどでしかもそれらは大体、捨てアドとして使われていることが多いです。

 

ですので、リストを集めてもどのメールアドレスが読んでくれる貴重な読者なのか?が最初は分からず、いくら数を集めても全く反応がないリストのため、モチベーションも下がったりしていませんか?

しかし、そんなメルマガ運用の中でもステップメールを使うことで、きっちりと読んでくれる読者と無反応のリストに分けつつ、さらにはあなたのファン化することが可能となる方法があります。

 

その方法とは、通常のメルマガにステップメールの一部を組み込むことです。これをやることで、読んでくれる人・読んでくれない人を確実に分けることが可能になり、あなたも読んでくれる人だけにメッセージを送ることができるので、メールを書くのが非常に楽しくなる方法です。

そこで、今記事ではその導入方法について解説していきます。

 

2秒で終わるのでクリックお願いします。


人気ブログランキングへ

 

 

ステップメールは単に物を売るだけの武器ではない

メルマガへのステップメールの取り入れ方の具体例と手順

通常、メルマガへ自発的に登録してもらう・あるいはあなたが代理登録をする時には、登録直後はサンキューメールを配信するはずです。「登録ありがとうございます。云々」というように。

同時に、あなたのメールBOXには登録があると(レポート請求があれば)、「メルマガ登録がありました」などとメールが入るように設定をしていると思います。今までならあなたがメルマガを書けばここからメルマガ配信がスタートとなります。

 

もしこれが捨てアドの場合、メールBOXに登録があった旨のメールが届くと(数に限らず)嬉しい気持ちになる一方で、その後、数通メルマガ配信しても、「この人クリックしてくれないな」となると思います(※クリック解析があるという前提です)。登録が増えてもそんな無反応が続けば、次第にモチベーションもダダ下がりですよね?こうして、反応がないことがメルマガを辞めていく理由の一つになっています。

そこで、私がお勧めする手軽にできるメルマガ戦略として、ステップメールを最初に導入しておくことです。サンキューメールから数通だけセットするやり方でとても簡単な仕組みですので、ぜひ試してみてください。

 

導入の具体的な流れ

まず、サンキューメールは通常通りにセットします。この時に、読者が好みそうなノウハウを徹底的に流してあげてください(メルマガの方向性を決めておく必要がある)。理由は、読者があなたのメルマガを最も読んでくれる可能性があるのは登録をした直後だからです。

無料レポートが欲しくて登録してもあなたのメルマガに興味があっての登録でも、その登録時が最も興味津々になっています。もし、あなたも無料レポートやメルマガ登録をした時があればその当時の状況を思い浮かべてみればすぐわかると思います。必ず直後ないしその日中にメールBOXを見ているはずです。仮に、捨てアドで登録していたとしても無料レポートだけは欲しいはずですから、それでも読んでもらう確率を上げていきます。

 

そのため、ここであなたが一番自信を持って伝えられるノウハウを送ってあげましょう。そうすることで、読者はその内容がよければ次も読みたくなるはずです。ポイントはここ、「次も読みたくなる」ことです。もし、「読みたくなる」のが自分では分からないというのであればいくつか試しにネタを送って反応を見るのも良いでしょう。そして、その後のメールでもノウハウを流してあげたり、あなた自身を知ってもらう内容もちらほら織り交ぜていきます。

このように、読者に読むに値するメルマガだという認識を持ってもらうことが大切です。もし、この時点で捨てアドであれば無反応な状態なはずですのでこれも確認します。これらのメールを送る回数は特に決まりはないので、私が行っている回数としては、5〜6通をおおよそ2週間かけて送っています。

 

一番重要な事

このように数通送って読者の反応をチェックしながら最終的にチェックしなければいけない事があります。それは、この通りの文言でなくても良いのですが、「もし今後も読んでもらえるならクリックしてね(ハート)」とお願いする事です。この時にクリックしてくれた人そうでない人に分けていきます(分ける方法はポイント付与や属性指定などで自分だけがシステム内で分かるように)。※よってクリック分岐が出来るメールシステムが必要

ここで読む人・読まない人を完全に分岐する事が出来るので、以後、クリックしてくれた人だけに通常のメルマガ配信をしていく流れになります。

 

でも、クリックをしてくれなかった人に対してここで諦めてはいけません。もしかしたら、時間がなくて見れなかったのかもしれないし、たまたま迷惑メールに入ってしまっているのかもしれません。ですので、クリックしてくれなかった人へ再度最終クリックの案内を送りましょう(一定期間を空けて)

方法としては、「もしかしたら迷惑メールで届いていなかったのかもしれませ~ん」とか言って送るのが良いです。

 

もし、それでもクリックしてくれなかったら?

この場合は、念のため一定期間後にもう一度送ってみる事をお勧めします。本当にメルマガ不要で解除すら面倒がっているだけかもしれませんので、ウザがられない程度に空ける期間は少し長めでもいいでしょう。そして、もしこれでダメなら諦めましょう。「きっと捨てアドだったんだ泣」と。

 

流れを図式化して整理

 

ステップメール戦略

 

ただ、先ほどは、「ウザがられない」ということをお伝えしましたが、せっかく集まってきているリストです。クリックしてくれなかった人に対しては、たまに無料案件などを流すなどして反応を見続けることもオススメです。

そこで、本当に登録を忘れてしまっただけとか、メールの存在に気づいていなかった人というのも少なからずいますので、そういう人を取りこぼさないようにしていきましょう。そこは読者の様子を見ながらテストをしてみてください。

 

ちなみに、私は3ヶ月無クリックだったら解除するようにしています。なぜなら、一番私が嫌なのは、メールシステムへの負担が大きくなる事です。メールを全読者へセットすればクリックの有無関係なく当然配信されていきます。そんなシステムの負担を減らすためにも長期間様子を見て、本当に0クリックなら解除します。部数が増えてきて余計なメールがあると配信スピードが落ちて届けたい人に正常に届けられなくなるので、精査する事をお勧めします。

 

メルマガ+ステップメールのまとめ

いかがだったでしょうか?この方法は、最初にいくつかメールを用意する必要がありますがメリットばかりの方法です。捨てアドがどうかが判明できるし、きちんと読んでくれる人だけ残せるし、それによってファン化も出来るし、しっかりと届くメールアドレスだけ残すのでシステムへの負担も少なくなるしと良い事尽くめです。ステップメールの教科書としてぜひメモで残しておいて下さい。(笑)

最初は上手くいかなくてもいろいろとテストが出来るのがステップメールの良い点でもあります。ぜひ、臆せずチャレンジしてみましょうね。

 

おしまい。

 

 


ライティングを学べるメールマガジン

mailtouroku

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ